「https://tayori.com/form/ec159eab5d1d7046b5f184e75a1f8f340491274b

パーソナルスタイリストの足跡👣

服がめんどくさいけど、おしゃれがしたい人をスタイリング

足元で作るブルべ冬の「こなれスタイル」

こんにちは!

職種柄ファッションへの期待値が高く、服選びが苦痛なフリーランスの方へ

ライフスタイルからスタイリング提案するパーソナルスタイリスト

米倉育代です。

 

 詳しくは、こちらから

 

f:id:nozalist:20191030174354j:plain

 

人はないものねだりだとよく言いますが、診断をしていると私とは真逆のお悩みの方に出会うものです。

このお客様はリップを塗っただけで、フルメイクをしたかのように派手に見えてしまうそう。

そんな方はどんな色が似合って、どんなスタイリングなら今どきの「こなれスタイル」が作れるのかをご紹介します。

 

 

f:id:nozalist:20191104144932j:plain

【診断結果】

1st Winter 2nd Spring  vividタイプ

イエローベースやブルーベースなどの色相ではなく、彩度が大切なタイプになります。 鮮やかでビビットな色が似合うタイプ。

左:写真のようなSummerドレープでは、顔色が悪く見え輪郭もぼやけて見えます。

右:Winterドレープでは顔色も良く、輪郭もシャープですっきりとしています。

この写真をご覧になったお客様ご本人は、「Summerの顔、太って見える」とおしゃっていました。

Autumnドレープは赤みが出過ぎて火照ったような顔色になりました。

 

しっかりとしたお顔立ちなので、派手な色の洋服を着るとtoo muchになり過ぎてしまうのがお悩み。

しかも今のトレンドは「抜け感」や「こなれ感」と言った肩に力が入ってないようなシンプルスタイルが主流。

 

「抜け感」とはきちんとして見えるが、良い意味で気の抜けた計算させれたファッション。

「こなれ感」とはベーシックなコーディネートで、おしゃれとはひと味違ったひねりのあるスタイル。

 

どうしても、ビビッドグループであるスプリングやウインターの方は、鮮やかな原色やモノトーンなど色の持つ印象から「抜け感」が出しにくく、目指すは「こなれ感」

どちらかと言えば、ソフトグループのサマーやオータムの方が、ニュアンスカラーナチュラルカラーなどは「抜け感」が出しやすいかもしれません。

 

f:id:nozalist:20190124163611j:plain

トップスはベーシックカラーかディープカラー

 

黒ばかりになってしまわないように、ベーシックカラーやダークカラーをトップスに選んで、派手な色や柄ものはボトムスに取り入れていくのがポイント。

 

【黒×ネオンカラー】

トップスは黒ならどんな派手色のボトムスでも着こなせます。本来はネオンカラーも難なく着こなせてしまうタイプ。

 

【黒×柄物】

こんな派手な柄物は黒と合わせればトライしやすい。小物には色を使わずベージュを選んでヌーディーですが、黒とのバイカラーになっている靴やバッグでひとひねりあるスタイリングに。

 

ディープカラー×シルバー】

シルバーをトップスにするのももちろん似合いますが、ダークグリーンをトップスにシルバーのスカートを合わせれば、黒よりもおしゃれに仕上がります。こんなスタイリングのときは、黒の靴で引き締めて。こちらのコーデをとても気にってくださいました。

 

モノトーンコーデの攻略法は靴や小物

モノトーンコーデの場合、面積の小さい靴や小物に色ものを選ぶとコントラストができます。さらに1点だけ取り入れるだけでなく、もう一つ同じ色を使ってリンクコーデにするとこなれた感じに見えます。

 

【ボーダー×赤】

アイテムそのものにコントラストがついているものを選び、ボーダーなら細いよりも太めを選んで。赤いパンプスをアクセントにリップとリンクさせたらこなれ感が出せます。

 

【モノトーン×バーガンディ】

2色使いのモノトーンコーデに、赤では派手すぎてしまうならバーガンディの靴なら落ち着いて見えるので大人におすすめです。

 

 【グレーチェック×ネイビー×イエロー

スポーティーテストもお得意なWinterタイプ。ラインパンツもデイリーに着こなせます。イエローでもスニーカーなら挑戦しやすい。さらにキーホルダーのイエローとリンクさせるのが上級者向きのテクニック。

 

ソックスやタイツでコントラスト

靴や小物よりも小さい面積になるソックスやタイツは、ビビッドカラーでも取り入れやすいアイテム。まずはパンツにカラーソックスを合わせるところから試してみてくだい。

 

【カラーソックス】

白×ダークネイビーなどのシンプルコーデもソックスを赤にするだけで、コントラストができます。

 

【グレーソックス×黒い靴】

グレーソックスと黒のワンストラップシューズとコントラストをつければ、定番のデニム×Pコートのベーシックコーデも、ブラッシュアップされる。大人が取り入れやすいグレーソックスは1足持っていると便利なアイテム。

 

【ラメシルバーソックス×黒い靴】

ラメシルバー×エナメルシューズはどちらもWinterタイプにぴったりな質感。ラメソックスはカラーも豊富なので揃たいアイテム。

 

【カラータイツ】

モノトーンだけでなくダークカラー同士を使ったコーデに、パステルカラーのタイツでコントラストをつければ地味にならない。

 

診断後のご感想 

「今までパステルカラーが似合わなかった原因が分かり納得しました」とおしゃっていました。

 

似合う洋服が分かる3つの要素

パーソナルカラー診断でもここまで分かりますが、「形」までは分かりません。

洋服は下の図のように「色」「形」「素材」の3つの要素で出来ています。

f:id:nozalist:20190113172727j:plain

体型診断と顔パーツ診断で「形」を知れば似合う服が分かります。

 

体型診断は、こちら

 

顔パーツ診断は、こちら


もし今年はコートを新調しようと思っている方は、似合うカラーを身にまとったときの顔色をぜひ体験していただきたい!

コートは面積が大きい分、何よりもその効果にご本人が驚きますよ!!

手持ちのコートが似合わない色だとしても似合わせのコツもお伝えしますので、安心してくださいね。

 

2種類のトライアル診断サービスをご用意

【パーソナルカラー診断コース】 

パーソナルカラー診断を受けていただいた方に、パーソナルカラーレポートをお渡ししています。かなり濃い内容は、A4で20枚以上にもなります。

 

お申込みは、こちら

 

【オンライン診断トライアルコース】

お申込みは、こちら

 

3種類のスタイリングサービスをご用意

3つの外見診断と内面まで診断する※服装心理学®を用いた2種類のスタイリングサービス。

似合う服が分からないと思ってる方、第一印象で損をしてしまう方、自分がどのタイプに当てはまるか知りたい方におすすめのコースです。 

 ※(社)日本服装心理学会の著作物です。

 

【ベーシックコース】

【パーソナルカラー診断】と【メール診断トライアルコース】を一度に受けていただけるコースです。 

 

お申込みは、こちら

 

【パーソナルバイヤーコース】

似合うテイストや洋服が分かっても、自分1人で買いに行くのは躊躇してしまうという方におすすめです。

【ベーシックコース】にお買い物同行をプラスしたコース。

バイヤーの経験を持つスタイリストとお店を回り、たくさん試着をしていただきながら、コーディネートのポイントをアドバイス致します。

おすすめしたもの全て、ご購入いただく必要はございません。

気に入っていただけた場合は、その場でお買い上げいただけます。

もちろん、試着だけでも結構です。

 

▼2つの特典をご用意

1)当日にお買い物をされた商品は、お預かりさせていただきコーディネートを画像にして、メールなどで送らせていただきます。

2)次の日にご配送(送料はこちらで負担します)してご返却致します。

サービス終了後の1ヶ月間、メールでのご相談をお受け致します。

※お買い物単体のサービスはリピーターの方のみとさせていただいております。

 

お申込みは、こちら

 

【ワードローブ救済診断】

買い足すよりもワードローブにある沢山の洋服をどうにかしたい。

一度も袖を通していない服がある。同じような服ばかり買ってしまう。似合わない服や小物を選別して欲しい方などにおすすめです。

【ベーシックコース】にワードローブ診断をプラスしたコースです。

※ワードローブ単体の診断はリピーターの方のみとさせていただいております。

 

 お申込みは、こちら